漁港プレキャスト工法研究会

宮城県で残型枠工法研修会が開催されました


 平成27年1月16日に㈱丸本組にて残置型枠工法研修会((一社)全日本漁港建設協会宮城県支部主催)が開催され、『漁港施設の補修・修繕工法の開発・導入』と題して、三輪啓司氏(丸栄コンクリート工業㈱・研究会技術委員(幹事))が発表しました。

会場の様子

会場の様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください