漁港プレキャスト工法研究会

残置型枠(新技術開発)の背景


 東日本大震災の漁港復旧工事においては、多くの漁港の岸壁・物揚場の傾き沈下を原形に復旧するため、前面に一
定の幅を持って腹付けする工法がとられました。その時に工事材の逼迫とともに海中工事のため多くの課題があり、
その解決のために開発された工法です。

haikei1

haikei2

 東日本大震災における漁港岸壁の被災状況は、地盤沈下がおこり岸壁堤体の沈下と大きな傾斜を伴うものでした。そして、上部のエプロンも不陸を伴って破損しました。岸壁堤体全体が破損と傾斜しながらかろうじて形状を保っている状況でした。

haikei

haikei3

haikei4

 被災前は、法線が通って垂直に直立する形でした。それが、被災後は、法線の出入りを伴いながら、堤体が前傾あるいは後ろに傾斜し、エプロンは沈下し、不陸をおこしていました。そして、堤体は非常に不安定な状態でした。