漁港プレキャスト工法研究会

復旧工事の施工状況


sekou1

型枠整設置のため基礎工(敷パネル)を設置します。

1. 基礎工(敷パネル)の設置

設置状況

基礎工(敷パネル)の設置状況

 

sekou2

陸上からクローラクレーン等により簡便に設置できます。

2.残置型枠吊り状況

2.残置型枠吊り状況

3.残置型枠の水中布設

3.残置型枠の水中布設

 

sekou3

セパレータをとり、水中コンクリートを打設します。

4. 既設岸壁とセパレーターにより固定

5. 中詰めコンクリートを打設

 

sekou4

レイタンスを除去して、ガイドを設け2段目の型枠を設置し、1段目と同様の作業を行います。

6. 打ち継ぎ部整正(レイタンス除去)

7. 次段の型枠据付

 sekou5

最上段まで水中コンクリートを打設し、組み上げてきたプレキャストコンクリート製型枠です。

8.最上段設置(左)

8.最上段設置(左)

8.最上段設置(右)2

 

sekou6

上部工で成形。
上部工で法線を合わせ平面を揃え、成形します。

9.施工完了

9.施工完了

施工完了(右)