漁港プレキャスト工法研究会

岡会長の挨拶


生産性の向上にプレキャスト工法は多大な貢献

 漁港事業等に活用する残置型枠工法は、従来の鋼製型枠の代わりにプレキャストコンクリートブロックを構造物の一部として利用する工法です。当該工法は、陸上での大規模な型枠の組み立てや施工後の撤去作業が不要となるほか、海中部での閉鎖作業空間も不要なことから潜水士の安全性が格段に向上することに加え、構造物拡幅幅の削減及びこれによる生コンクリート量の低減、さらには、従来工法に比べ工期の短縮が可能となるなど大変優れた工法です。
 改正品確法においては、生産性の向上が主要課題となっており、当該工法はその解決に多大な役割を果たすことが期待されています。当研究会では、この優れた工法の利用用途の拡大や円滑な利用にむけた活動に取り組むこととしています。

岡貞行
岡 貞行
漁港プレキャスト工法研究会長
(一社)全日本漁港建設協会長

PAGE TOP