漁港プレキャスト工法研究会

長野会長の挨拶


今後進む沿岸構造物のプレキャスト化

 漁港や海岸施設の建設を行う場合、海中作業が伴うこと、強い波浪の力に対抗するために構造物の重量が大きくなることの二つの理由により、他の土木構造物に比較して、プレキャスト化が進んでいませんでした。そのことから海中作業による工事が多くなり、安全性や、工程の計画性が損なわれることが数多くありました。
 近年老朽化した海中コンクリート躯体を腹付け補強する工事が多くなっています。これらに型枠部材をプレキャスト化し、かつ型枠を構造物の一部とするプレキャストコンクリート製残置型枠工法が数多く採用されることとなっています。この工法及びその他の工夫をこらしたプレキャスト工法を、漁港工事の安全性と計画性の確保から普及していきたいと考えています。

長野写真 長野 章
漁港プレキャスト工法研究会長
(一社)全日本漁港建設協会長