漁港プレキャスト工法研究会

岡山市で講習会を開催しました。


 平成28年7月13日に岡山県岡山市で、水域環境改善工法調査研究会と合同講習会を開催しました。
 この講習会は(一社)全国土木施工管理技士会連合会のCPDS(継続学習制度)認定の講習会として開催され、県内外の発注者や受注者が受講しました。

<次第>

Ⅰ.開   会

Ⅱ.主催者挨拶  長野 章((一社)全日本漁港建設協会会長)

Ⅲ.開催地挨拶  礒野 崇((一社)全日本漁港建設協会岡山県支部長)

Ⅳ.講   演

(1)漁港プレキャスト工法研究会

①漁港コンクリート構造物における長寿命化対策工法について

川上 洵(漁港プレキャスト工法研究会技術委員長・秋田大学名誉教授)

②プレキャスト残置型枠工法の設計と施工について

牛田 久喜(漁港プレキャスト工法研究会技術委員)

③プレキャスト残置型枠工法の積算上の課題について

遠藤 博((一社)全日本漁港建設協会北海道・東北地区連絡協議会技術委員長)

④質疑応答

(2)水域環境改善工法調査研究委員会

①環境に優しい赤潮対策及び土木的手法の可能性と効果について

今井 一郎(北海道大学大学院水産科学院教授)

②有害プランクトンシストの高密度域除去の効果と評価について

峰 寛明(㈱エコニクス主幹研究員)

③サブマリンクリーナー工法によるシストの除去について

末永 茂則((一社)全日本漁港建設協会九州・沖縄地区連絡協議会技術委員長)

④質疑応答

Ⅴ.閉    会

長野会長

(一社)全日本漁港建設協会 長野会長

川上教授

漁港プレキャスト工法研究会 技術委員長 川上教授

共和コンクリート工業㈱ 牛田氏

共和コンクリート工業㈱ 牛田氏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください